HOME
沿革

沿革

明治時代から続く当社のものづくりの歴史 〜木製和樽から鋼板製一体型タンクまで〜

昭和2年 7月
株式会社渡辺商店を設立(本店:新潟県長岡市)。
和樽の製造販売を業務とし、酒類容器業界へ進出。
3年 10月
ホーロータンク製造株式会社灘ホーロータンク製作所の設立に参加。
(神戸市灘区魚崎)我国で最も早く酒類貯蔵用
ホーロータンクの製造・販売に着手。
28年 4月 商号を日本容器工業株式会社に変更。
7月 関東産業株式会社(旧灘ホーロータンク製作所)を吸収合併し、東京工場とする。
29年 11月 特殊法人理化学研究所と提携し、合成樹脂ライニングの研究に着手。
2ヶ年による研究結果を基に東京工場内にその専門工場を建設。
11月
プラスチックライニングタンク特殊法人理化学研究所との共同開発による
プラスチックライニングタンク。
35年 8月 東京工場の業務を分離し、東京日本容器工業株式会社を設立。(本社:東京都中央区八重洲)
36年 10月 社団法人発明協会より樹脂ライニング技術に対して発明優秀賞を授与される。
38年 4月 埼玉工場を建設。
39年 4月 株式会社武蔵製作所を日本容器工業株式会社の全額出資で設立。製缶専門工場とする。
42年 6月 神戸工場を建設。
43年3月
大塚賞を受賞樹脂ライニング機器の大型化に成功。
社団法人金属表面処理技術協会より大塚賞を受賞。
44年 10月 プラスチックライニング社(オランダ)とコーサイトコーティングについて技術提携し、
熱交換器並びに油井管類の内面コーティング技術を確立。
45年 5月 埼玉工場内にコーサイトコーティング工場棟を建設。
55年 4月 長岡工場を建設。合成樹脂ライニングを開始。
56年 2月 ムンク・アンド・シュミッツ社(ドイツ)とムンカドールライニングについて技術提携し、
無溶剤型ホットエアレススプレー工法を確立。
57年 4月 東京日本容器工業株式会社と日本容器工業株式会社を合併し、
商号を日本容器工業株式会社として業務一切を継承。
平成 元年 5月 系列会社 株式会社武蔵製作所を吸収合併。
8月 新製缶工場(36m×108m)を埼玉工場内に建設。
4年 5月 北京華日容器塗装有限公司を北京市豊台鍋炉廠と合併設立。
5年 11月
工場棟新設埼玉工場に新ライニング工場を建設。
11月
デザインタンクの開発埼玉工場内にある井上武吉氏デザインによるデザインタンク。
6年 5月 日本容器工業株式会社の全額出資で、長岡工場を株式会社日本容器工業長岡事業所として設立。
8年 4月 日本容器工業株式会社の全額出資で、埼玉工場を株式会社エヌ・ワイ・ケイ、
神戸工場を株式会社エヌ・ワイ・ケイ神戸として設立。
14年 10月 株式会社エヌ・ワイ・ケイが株式会社田中工業を吸収合併。
15年 4月 新たに設立された株式会社NYK西日本に、株式会社エヌ・ワイ・ケイ神戸の業務を一切継承。
19年 6月 株式会社エヌ・エム・エスを社名変更し、建築設備CADソフトウェアの開発・販売を行う株式会社NYKシステムズを設立。