HOME
メッセージ

メッセージ

ご挨拶

当社は昭和2年の創立以来、酒、醤油を主体とする醸造関係の容器を主業として参りました。当社の製品は創立時の木樽、琺瑯タンクを経まして、昭和29年に理化学研究所と共同研究した我が国で初めてのプラスチックライニングタンクへと進化し、醸造タンクの大型化・高性能化のニーズに応えて参りました。

 当社独自の設計・製作による醸造タンクは、業界の方々から高い評価をいただき、現在では70%以上のシェアを持つにいたりました。その後、水槽類、貯湯槽、パイプなど給排水衛生設備の建築設備関連ライニング製品に進出しました。醸造用タンクと同様の品質を実現するため、水槽は鋼板製一体型とし、全溶接による耐震型の構造といたしました。また近年ではステンレス製配水池、温度成層型竪型蓄熱槽など取り扱い製品を増やして参りました。

 技術開発面では社内に研究施設を設け、そのうえ各大学研究機関とも連携し、常に研究開発に力を注いでおります。昭和56年にはドイツのムンク・アンド・シュミッツ社と技術提携して無溶剤型ホットエアレススプレー工法を開発し、大型タンクの現地施工を可能にしました。また既存の醸造タンクに品温制御の機能をプラスするパラビームジャケットタンクなどの商品を開発して参りました。

 平成6年5月に長岡工場、平成8年4月に埼玉工場、神戸工場をそれぞれ分社独立し、地域ごとに製造・販売を行う体制を整えて参りました。その後、平成14年10月製缶類製造販売の株式会社田中工業を吸収合併、 平成15年4月生産拠点を埼玉の株式会社エヌ・ワイ・ケイに集約しました。また、平成19年6月に建築設備CADソフトウェアの開発・販売を行う株式会社NYKシステムズを設立し、新規事業としての取り組みを始めております。

  これからも時代のニーズに対応するため製品の研究開発と技術の向上に努め、お得意様各位のご信頼をいただくよう精進いたす所存であります。今後とも何分のご支援とご愛顧を賜りますよう切にお願い申し上げます。

日本容器工業株式会社 代表取締役 渡辺洋一郎